Roady is me in name only.

CR1comp 2013に乗るローディーとは名ばかりの自転車好きがパーツ交換をメインに、ゆる〜くロードバイクと付き合って行きます。

カテゴリ: SCOTT CR1

久しぶりの記事ですが、
諸事情によりCR1を売却しようと思います。

2013SCOTT CR1Comp 54Mサイズ
約22ヶ月所有でまともな使用は8ヶ月程度です。
若干の使用感はありますが、かなり美品の部類かと思います。

パーツは色々と変更しておりまして、
◼︎クランクは6700アルテグラ
◼︎STI 105
◼︎フロント、リアディレイラー 105
◼︎ブレーキ 105(パッドは6700)
◼︎ペダル 105
◼︎ステム シマノプロVIBE7S 110mm
◼︎シートポスト シマノプロVIBE7S
◼︎サドル プロロゴスクラッチプロTR
◼︎ホイール 2014マヴィックキシリウムエリートS
◼︎サイコン ガーミンEDGE500J
◼︎ライト レザインミニドライブ
他純正品も保管しております。

すぐに乗り出し可能です。

総額で約40万円ほどかかっています。
私の身長が181cmでもうワンサイズ大きくてもよかったかなという感じですので、175〜180cmくらいの方に合うと思います。

ペダル無しで8kg切るくらいです。

気になる方はメッセージいただければお答えします。
image

毎日暑いですね(ーー;)

暑さのせいで全く乗れてません。
こんな中でもしっかり走行距離稼いでいる方も沢山おられるわけですが(^^;;

こうやって色んなブログ拝見し、来年度モデル見てイメージトレーニングだけは怠らず続けております(^^;;


さて、ロードバイク業界、今年の来年度モデル発表のタイミングは例年になく早いとのことです。

正しい情報かどうかは分かりません。メーカーによる事情の違いもあると思われますが、今は為替が円安というコトもあり、円高だった2013年度のモデルの受注を、早々に2014年度モデルに切り替えたいメーカーの意向もあると思います。と、ある販売店の店員さんに聞きました。

なるほど、買手としては、同じ2013モデルを為替の違いで高く買うのは損した気分になるのは間違いないですしね。今買うとしたら販売店の在庫を格安ゲットが得策となるわけです。

実際に私もここ最近、2013モデルのスーパーキングやSLR01を探していたわけですが、身体が無駄に大きいのもあり、そのモデルの在庫はあってもサイズが合わず、もうとっくに気持ちは2014年モデルへと切り替わりました。


話を戻して、気になるスコット2014年モデル、ちょこちょこっと情報が出て来てますね。

まずは復活【アディクト】。

SL
image

このスラムレッド仕様で5.6kg(ペダルなし)だそうです。詳しいコトは分かりませんが、新しいHMXカーボンを使用しており、アディクト用に東レと開発をしたとのことです。このフレームにスラムレッドよく似合います^ ^


team
image

SLほどでは無いにしても軽そうですね。具体的な重量の記載は無かったですが、コンフォート寄りな味付けのようです。今までのHMFカーボンのモデルでしょうか。


2014アディクト、カラーリングやデザインは賛否ありそうですが、軽さは魅力ですね。ヒルクライマー御用達となるでしょうか。



お次は新モデルな【ソラス】??と読むのかな?
(追記※ソレイスと読むそうです。)
image

image
ワイヤー内装の入口のパーツが交換式になっているように見えます。ウィリエールのチェントウノだっけか、あれの内装の仕方がかなり良いそうで位置は違いますが、コレもそういう意味では良いかもですね。よー解らん解説スイマセン。。


しかし見るからに最近流行りで売れ筋突きました感が満載ですね。トップチューブも短めでスローピング、かなりコンフォートなモデルなのでしょう。まぁ酒のアテにはしにくいイデタチですね。(←私には非常に大事な要素なのです)

image
よく見るとリアブレーキどこ??

チェーンステイに付くタイプのようですね。。


CR1があればこのモデルは必要ないですね。これからロード始める方やロングライドメインの方には良い選択になるでしょう。


ところで、CR1の2014モデルですが、先行入荷予定のモデルの画像を某ブログさんで見る限り大きな変更点はなさそうですね。パーツ構成やカラーリングの変更に留まりそうです。


肝心のフォイル2014モデルも今のところ、CR1同様のようです。

フォイルに関してはエアロ系のフレームではもう結論が出ているのでは?と思ってしまうほど完成度の高いモデルですから。


各社2014モデルの情報見てると、優柔不断な自分としてはどれも魅力的に映ります。

さぁどれにしようか?!妄想は自由だぁー!w


よろしければポチッとして下さいm(_ _)m

人気ブログランキングへ

流石にジテツウ堪える(^^;; 毎日汗ダクで会社着いてシャワーして着替え、それも一仕事な感じ。

ここんとこ数日は電車で通勤してます(^^;;

9月の淡路島ロングライドまでにはもっと乗り込まないと(^^;;


うちのCR1は最近こんな感じになってます。

バーテープを白に、サドルをトーケンの白に、タイヤをスキンサイド風からイエローラインのパナレーサーに。

image


よろしければポチッとして下さいm(_ _)m

人気ブログランキングへ

天気もよく、パーツ交換後、まともな距離走っていなかったので、ルート作成し走って来ました。


こんなコース。



ルートラボの標高など出る地図は直接貼れないのですかね??よくわかりませんが、画像クリックで詳細見れますね(^^;;


総距離 73.7km
最大標高差 249m
獲得標高 356m

後半の約45km地点からの登りがかなり不安💦

今回はルートラボのデータをEdge500に入れ、簡易ナビ機能でのサイクリング。実は初の試み。


取り敢えず鶴見緑地をスタートして内環状線付近を走行し、豊里大橋まで向かいます。

豊里大橋から淀川CRに入り、ひたすら北上。
簡易ナビの画面はこんな感じです。
image

簡易ナビなので殺風景で周りの情報など全くない訳ですが、意外にここまでは必要十分♪方向音痴な私としては強い武器です。本当に助かります(^^)。



約19km地点、枚方病院の裏側でいったん水分補給とトイレを。
image
!!まさかの故障中…。

私は特別したかったわけではないですが、ここは週末になればローディー達🚲がこぞって立ち寄る貴重なトイレのはずなのだが。


まぁ仕方ないので再出発。

こんな道をひたすら走ります。
気持ちイイー!!!
image
初めて走りながら写真♪我ながらいい感じに撮れたかな??

ただ虫が多いのなんのって、口で息してたらヤバいです💦


このまま淀川沿いの自転車道をひた走り、牧野を越えたあたりから府道13号を走ります。

この道は信号も少なく、交通量もそんなに多くなくてとても走り易かったです。


image
わかりにくいですが、御幸橋の交差点。
29.5km地点。ここから木津川沿いの自転車道へと入って行きます。


この自転車道は車輪止めなどなく、気持ちよく巡行できます。

image
ちゃんとしたサイクリングロードなんですね。
なんとも年季の入った案内板です(^^;;

この辺りまではいたって平坦。暑さもあってかへばり気味💦久しぶりのそこそこな距離なので落ちてるなぁと実感(^^;;

まだまだ体力つけんと…。このあと峠あるのに少し不安💦



この案内板から少し走ると、ローディーさんが何やら自転車止めて写真を撮ってる。

何かと思えば、左前方に風情のある江戸時代のような橋がありました。
image


ロードバイク押しながら渡っている方もおられました。
image
記念に。
調べてみると、上津屋橋(流れ橋)というそうです。この橋、何度も台風や、花火で焼けたりと被害を受けては修復されているそうです。
ロケ地として利用されたり有名な橋のようです。

今になって考えれば、「渡っておけばよかった!!!」


次行ったときは必ず渡ろう。
ということで、いい休憩にもなりましたので走り出します。


43km地点、山城大橋付近の案内板で。
image



この先、自転車道を出て府道65号に入り峠へと向かいます。
それにしても暑い💦
峠前に水分補給しようと例のアレを求めてコンビニ探し♪

47km地点のファミマにて。
image
例のアレはお約束のガリガリ君。キウイ味はお約束ではないですが(^^;;

この味はキウイかどうか微妙なところですが、まあこんなものかと。

これからの峠へ向けてしっかり充電できました。(気持ちの準備もできたかなと(^^;;)

ここからは余裕がなく極端に写真が減ります💦
坂との戦うまえに峠へ向けての道が少しずつ登っていて、しかも向かい風…。

峠の前に脚が売り切れそうな気配(^^;;
気持ちも折れそうな気配、、、(^^;;

田園風景の中を峠向けて進みます。
正直風景見てる余裕がない感じ(^^;;


来たな峠め!これが清滝峠か?!(因みにここはまだ清滝峠ではありません)
コンパクトクランクのアウターと25Tでシャカシャカと。。。したのはほんの数秒、、、。
すぐにインナー25Tでマイペースで登ります(^^;;

マイペースといってもヒイヒイ言いながら息切れて相当キツい、、。
27か28Tが恋しくなったのは言うまでもありません。
すぐに機材に脳がいくのもクセです。。。

52km地点から55km地点の約3kmの登り、京都府精華町と奈良県生駒市の県境が標高208mの一発目峠越え。やってやったゼ( ̄+ー ̄)達成感♪
image
本音は相当キツかった💦最大斜度はちゃんと見てなかったですが、チラッと見たときが10%位だったような。。本当貧脚やなぁ…。

気を取り直して、
ここから約3km、登ったあとは必ず下り!
気持ちよーく下って行きます♪

58km地点、高山大橋の交差点。ここから国道163号線に入り、大阪方面へと向かいます。





向かうのですが、ここからが地獄でした💦

163号線は交通量も多く、しかも登り、大型車も多いので、結構横風に煽られます。体力的にもキツいし、路肩もほぼないので正直怖かったですね(^^;;

何度もスペースあれば脚つけようか葛藤しまくりました(^^;;。

でも何とかヒイヒイ言いながら登って、清滝峠の頂上地点。やっとここまでキターー!来れるとは思ってなかったーーー!
image
写真撮るテイで脚つけるし、休憩できる( ̄+ー ̄)


そしてここから待望の下り!


ヤッホーーーぃっ!!!

頑張って登って良かった(^^)ノ



最後にご褒美を貰った気分です♡

「清滝峠、ありがとーぅ!」とわけのわからんことを心で叫びながら下りました。。。(^^;;



今回は登りのスタートからタイム計測など全くしていないですが、登りのTTで早くなって過去の自分より早くなっていく過程と、そのあとのこの下り!これですね、峠に嵌る理由は。なんかわかります。。。


まぁヒビリながらの下りなのでそんなにスピードだしてませんが、やっぱり気持ちイイですね♪

今回は奈良方面から逆走的に清滝峠を走ったので、次回は四条畷側の麓からしっかりTTしてみようと思います♪
家からもそう遠くないこともわかったことですし(^^)。


そしてあとは163号線を門真方面向けて走り、第二京阪沿いの1号線を走り、鶴見緑地でゴール。端折りすぎですね、、、💦



image


image
休憩込みで4時間40分。
途中タイマースタート押し忘れて結構走ってたので距離ロストしてます(^^;;

感想としては、正直バテました。でも峠越えの約70kmを走ったことで、100kmオーバーへの自信にもなりました(^^)。


次は嵐山!ほぼ平坦で往復100kmあるかないか?またルート作成して挑戦してみようと思います。

あと忘れてはいけないEdge500のナビ機能。
これのおかげで初めてのルートを迷わず走ることができました。
使う前はそう期待もしていなかったのですが、今の私にはこれで十分。有る無しでは大きな違いです。本当に楽しく走ることができました。

パーツ等、今回走ってのEA90エアロのインプレはまたもう少し使って見てからということで。

今回はこの辺で。


よろしければポチッとして下さいm(_ _)m

人気ブログランキングへ

このページのトップヘ